ボクシングの階級について!減量する目的とは?

ボクシング

こんにちは、はまぐりです。

ボクシングの試合がテレビで放送していると

「○○級世界チャンピオン」

などよく目にしますよね。
ボクシングは体格差による有利不利を公平にするために
17コもの階級に分けられています。
今回は“ボクシングの階級”についてご説明しようと思います。



ボクシングの階級早見表!

No.階級名称体重制限平均身長和訳?
1ミニマム級47.61Kg156cm最小級
2ライトフライ級48.99Kg159cm軽量ハエ級
3フライ級50.80Kg162cmハエ級
4スーパーフライ級52.16Kg163cm超ハエ級
5バンタム級53.52Kg164cm鶏級
6スーパーバンタム級55.34Kg166cm超鶏級
7フェザー級57.15Kg168cm羽毛級
8スーパーフェザー級58.97Kg170cm超羽毛級
9ライト級61.24Kg172cm軽量級
10スーパーライト級63.50Kg174cm超軽量級
11ウェルター級66.68Kg176cm波のうねり級
12スーパーウェルター級69.85Kg178cm超波のうねり級
13ミドル級72.57Kg180cm中間級
14スーパーミドル級76.20Kg182cm超中間級
15ライトヘビー級79.38Kg184cm軽い重量級
16クルーザー級90.72Kg186cm巡洋艦級
17ヘビー級90.72Kg超190cm重量級

1階級上がるにつれて約2Kg体重が上がっていますね。
“たった2Kgか〜”と思うかもしれませんが、
普段から厳しい練習を積んで鍛え抜かれた身体から
2Kg落とすのは想像以上に過酷なことだそうです。

減量して階級を下げる理由!

辛い減量なんてせず普段の体重で試合に出ればいいじゃん!

と疑問に思う方も多くいると思います。

減量する目的は主に3つあります。

  1. 無駄な脂肪を落とすことで動きにキレが出る
  2. 階級を落として体格で有利になるため
  3. みんな減量しているからしないと不利になる

上から徐々に核心を突いていると思います笑
要するに勝つためには減量は逃げては通れない道と言うことです。

最後に

今回は“ボクシングの階級”について解説しました。
日本語に和訳するとなんだか面白くて覚えやすいですね。

ちなみに私の通っているボクシングジムのトレーナーさんは、
現役時代に1月で20Kg落としていたそうです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました