岡田斗司夫おすすめ!SFマンガ4選|時代を先取りし想像力を広げる

おすすめ書籍

こんにちは、はまぐりです!

今回は、岡田斗司夫おかだ としおさんが気軽に読めるSFマンガを紹介するのでぜひ読んでほしいと解説された漫画をまとめました。
全4冊!さて、あなたの興味がある一冊はあるでしょうか?
さっそく確認していきましょう!

氏 名 :岡田斗司夫
生年月日:1958年7月1日生まれ
職 業 :プロデューサー、評論家、実業家

「オタキング」「オタクのカリスマ」「オタクの教祖」の異名の持ち主。
アニメ制作会社ガイナックスを設立し、「トップを狙え」「ふしぎの海のナディア」などのヒット作を手掛ける。



なお、本記事は2024年1月6日公開
下記動画からの引用となります。

岡田斗司夫のおすすめSFマンガ4選まとめ!

No.1234
表紙
作名砲神エグザクソンブレッド・ザ・ウィザードルサルカは還らない攻殻機動隊
著者園田 健一園田 健一御厨 さと美士郎 正宗
巻数全7巻全4巻全5巻全3巻
値段
電子/紙
759/2,029円759/2,277円-/2,200〜円1,650/1,650円
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
2024年1月現在情報

砲神エグザクソン

created by Rinker
¥759 (2024/02/22 15:48:56時点 Amazon調べ-詳細)

岡田史上最高の侵略ロボットSFマンガ!

10年間技術援助をしてくれていた宇宙人が、
巨大ロボットを用いて地球を植民星にすると宣言。
科学力が全く違う中、どのように地球人は立ち向かうのか?
現実世界に落とし込み、リアリティに描かれます。

20年前の漫画だがこの作品を超える侵略ロボットSF作品は現れていないと大絶賛されています。

ブレッド・ザ・ウィザード

created by Rinker
¥759 (2024/02/22 15:48:57時点 Amazon調べ-詳細)

岡田も予測不能!アイデアが秀逸SFマンガ!

舞台は1960年代アメリカ
ガンアクションと魔法のオリジナリティ溢れる設定です。
主人公の使用する銃の中には、魔法陣が施されており
弾丸に様々な効果を付与することができます。

岡田斗司夫も先が読めず、ロジカルに物語が展開します。
戦略的なストーリーの組立て方が見事なので、物語などを考える方は特におすすめです。

ルサルカは還らない

created by Rinker
¥30,484 (2024/02/22 15:48:57時点 楽天市場調べ-詳細)

誰も読んでいない!?超リアルSFマンガ

ワシントン、ニューヨーク、東京と異常寒波が続く冬にソ連である計画が行われていた。
計画内容を探るためソ連、北朝鮮、中国に潜入調査を行う。
その計画とは・・・
オホーツク海に巨大な太陽電池を設置し衛生からマイクロ波を当て、海流を変えるというものだった。
すると、シベリア上空を巡っていた寒気の流れが変わりシベリアの平均気温が4℃上昇し膨大な資源を入手することができるのだった。

現在情勢や軍事技術など、地に足が着いたリアリティある内容で壮大な物語です。

攻殻機動隊

created by Rinker
¥1,650 (2024/02/22 15:50:28時点 Amazon調べ-詳細)

原作をぜひ読んで!

西暦2029年。
通信ネットワークに覆われ、膨大な情報が世界を駆け巡っている超高度情報化社会。
より複雑化していく犯罪に対抗すべく結成された特殊部隊「攻殻機動隊」

アニメ版が有名ではありますが、原作マンガの見せ方、アイデア、キャラの魅力は素晴らしいのでぜひ一読をおすすめします。

アニメでも観れる!

「攻殻機動隊」は動画配信サイトで観ることができます。
無料期間のあるU-NEXTでおすすめです。



まとめ

岡田斗司夫さんのおすすめSFマンガ4選をまとめて紹介しました。
一覧はこちらです。

No.1234
表紙
作名砲神エグザクソンブレッド・ザ・ウィザードルサルカは還らない攻殻機動隊
著者園田 健一園田 健一御厨 さと美士郎 正宗
巻数全7巻全4巻全5巻全3巻
値段
電子/紙
759/2,029円759/2,277円-/2,200〜円1,650/1,650円
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
2024年1月現在情報

岡田斗司夫さんは自身のゼミの中でも、SF作品を読め!と勧めています。
学生、社会人問わず時代を先取りできようになります。

考え方のスケールを広げたい!
新しい技術について深く考えるようになりたい!
他人より一歩先に行きたい!

そんな方はぜひ一読してみてはいかがでしょうか。
それでは、また!

はまぐり

Word Pressなど勉強しながら
ブログを書いています。
好きな言葉はおかわり自由。
詳しくはプロフィールをお読み下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました