おすすめのうさぎ飼育セットを紹介【最低限揃えるべき必要なもの編】

うさぎ

こんにちは、はまぐりです。

おうち時間が増えた昨今は空前のペットブームとなりました。
そこで注目されているのがうさぎさんです。

今回は初めてうさぎを飼う方に向けて、
最低限そろえておくべきアイテムをご紹介します。



冒頭にうさぎを飼う上でのメリット、デメリットを確認しましょう。

うさぎの良いところ◎

・鳴かない

・臭くない

・長生きする

・しつけが出来る

うさぎの注意点×

・毛が結構抜ける

・ケーブルや家具など齧ってしまう

・室温管理が必要
 (暑さが苦手です。)

うさぎ飼育セット〜最低限揃えるべきもの〜

ゲージ

奥行き50㎝×幅81㎝×高さ55㎝と広々サイズ。

奥行き50㎝×幅71㎝×高さ56㎝
うさぎにとっての生活空間を十分確保出来ます。

ポイント!!

  • 引き出しタイプにするべし!
  • プラスチックすのこ床材にすべし!

引き出しタイプはゲージの掃除がしです。
うさぎは綺麗好きなので常に清潔な状態を保ってあげましょう。

ゲージの床材は「金網タイプ」と「すのこタイプ」の2種類があります。
すのこタイプの方が足への負担が少ないです。
また、爪が引っ掛かって怪我をするなど予期せぬ事故の可能性が少ないです。

トイレ

角のコーナーに設置してスペースを有効活用出来ます。

おしっこの狙いが苦手な子も失敗が少ない大きいトイレ

トイレ砂

ひのきの消臭効果でおしっこのアンモニア臭を抑える事が出来ます。
ペットを飼っていない人が来客しても気付かないレベル。

トイレにそのまま流すことが出来るので手間が省けます。

うさぎは元々獣臭もせず無臭です。

唯一おしっこのアンモニア臭が臭いの発生源ですが、ひのきのトイレ砂を使うとほとんど匂いません。

餌入れ

皿の底が深くペレットがこぼれにくいです。

皿はワンタッチで外せれるので掃除も簡単です。



牧草入れ

牧草をいっぱい入れる事が出来ます。
牧草は常に切らさず、食べ放題にしておくことが大切です!

給水器

お皿で水を飲む事が出来ます。
ノズル式で上手に飲む事が出来ない子でも安心です。

一般的な給水器

ノズル式が苦手な子も稀にいるのであまりおすすめしません。

隠れ家ハウス

うさぎさんの安心出来る空間を確保するためにも
ハウスを用意してあげましょう。

本能的に狭くて暗いところが大好きです。

餌(牧草、ペレット)

牧草

ここに関してはかなり好みが分かれます。
硬い牧草、柔らかい牧草が好きだったりするので、
良く理解してあげましょう。
硬い 1番刈り→2番刈り→3番刈り 柔らかい

基本は1番刈りがおすすめです。
繊維豊富でミネラルを沢山含んでいるので、
主食として最適と言えます。

ペレット

あらゆる年齢のうさぎに必要な栄養を、
バランス良く配合してあります。

国立カナダ獣医師協会の推薦を受けている健康フードです!

あくまでペレットは補助食です。
主食は牧草なので、牧草を好きな時に好きなだけ
食べれるように与えましょう!

かじり木

げっ歯類のうさぎは歯が永遠に伸び続けます。
かじり木はストレス発散にもなりますし、
歯の伸びすぎ防止になります。

うさぎ飼育セットの総額は!?

最後に、うさぎを飼う為に必要なアイテムの総額は大体いくらでしょうか?
確認してみましょう。

  • ゲージ          12,000円
  • トイレ          1,200円
  • トイレ砂          800円
  • 餌入れ          1,100円
  • 牧草入れ         1,500円
  • 給水器          1,000円
  • 隠れ家          2,500円
  • 餌(牧草、ペレット)   4,000円
  • かじり木          900円

合計        25,000円

ざっくり約3万円を用意しておけば問題ないでしょう。

まとめ

今回はうさぎを飼おうとしている方へ
最初に揃えておくべきアイテムを紹介しました。

 ペットは癒しとくつろぎを与えてくれる
大切な家族です。

命ある生き物です。
最期まで責任を持ってお家に迎えてください。

それではまた!

はまぐり

Word Pressなど勉強しながら
ブログを書いています。
好きな言葉はおかわり自由。
詳しくは下記をお読み下さい。
プロフィール
最後まで読んで頂きありがとうございました!

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました